上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第44話(5/21放送)の顔芸マッチ+α。

あまちゃん44話イラスト「アキとユイ」
喫茶リアスでずぶん先輩と胸キュンな夢を見てたアキに、ユイちゃん切れる。

あまちゃん44話イラスト「ブスに切れるアキ」
「ブス」と書かれたネット掲示板を見せたヒビキさんに喰ってかかるアキの顔芸。

あまちゃん44話イラスト「敗北の大吉」
北鉄より大事な離婚会議にて。おしゃべり豚野郎、敗北感に包まれた瞬間の顔芸。

あまちゃんイラスト「JJガールズ」
JJガールズの天然アキちゃんと不機嫌ユイちゃん。





▼「あまちゃん」ブログランキング▼
  にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ


みんな表情が豊かだから描いてて楽しいです
スポンサーサイト
アキちゃんが魅力的に見えるのは、能年玲奈という女優の可愛らしさや演技力はもちろんですが、そのキャラクター設定の多面性にあるように思います。それも、支離滅裂な多面性ではなく、春子さんや正宗さん、夏ばっぱや忠兵衛さんから受け継がれるDNAが様々なところで垣間見える点や、育ってきた東京の環境と、初めて訪れた北三陸の環境とが影響してると感じられる、計算された多面性なのではないかと思われるのです。

海が好き、潜ることが好き、海女になりたい、南部もぐりもやってみたい。これは、夏ばっぱや忠兵衛さんから血で受け継がれたアキの意思。夏ばっぱに海に突き落とされたことで、アキはそれまでの自分の世界の殻をやぶった、とも受け取れます。そして、今後は本格的なアイドルデビューを目指し東京に行くというストーリーが待っていますが、これももちろんアイドルになりたくて上京した春子さんの血がアキにも流れているということなのだと思います。最終的には「タクシーの運転手になる!」とか言い出してももう不思議ではありません(笑)

海女になる、南部もぐりをやる、母に強固に反対されても頑固に押し切るあたりは、一時は引退を決意した忠兵衛さんが、夏ばっぱが悲しむことが分かっていながらも、再び遠洋漁業に戻っていった姿と重なるように思います。
種市先輩に恋をしてメロメロになっている姿は、忠兵衛さんを一途に思い、恋する少女のようになっていた夏ばっぱとも似ています。

サンタクロースを信じるなどの天然発言は、東京において父と母に大切に育てられ、純粋無垢に生きてきたことを物語っているのかもしれません。あまり想像がつきませんが(笑)。特に根拠はないので妄想ですが、黒川家には何かきっと、子育てのルールみたいなものがあって、父正宗の「受験勉強」発言や、父母が協力したサンタクロースイベントの実現に繋がっているように思われるのです。
そしてその反面、父母の離婚について「二人にとってそれが幸せなら」と冷静に理解する視点や、「アイドルになりたい」というユイちゃんの発言を「バカなのかしら」とクールに受け止める視点を持つアキ。

この天然さとクールさの二面性は、父正宗さんにも見られる性格のように思います。「何だかイラっとするサムシング」で表現される正宗さんの性格は、下着を洗ってくれた夏ぱっぱに異様に感謝感激するなど天然面に現れると思われます。かと思えば、「春子の亭主の…」といった発言が大吉さんを逆上させると分かれば即座に「元・亭主の…」と言い直すあたりは非常にクール。大吉さんのちょっと暑苦しい「マサって呼ぶぞ!」発言にも「もう会わないですけどね」とさらっと返しています。そして、春子さんと別れ、天野家を出て行くシーンでの「幸せにしてやれなくてごめんなさい」という言葉も、春子さんのわがままや身勝手まで全てを受け止め理解した上で出てくる、冷静で大人なセリフだったと感じます。まぁ…稀に感情は伴わなくても立派なセリフだけ言える人もいるにはいますが。

さらに、春子さんの血も立派に流れていると思わせるのが、アキの暴言の数々(笑)。特にも磯野先生にはあたりが厳しく(潜ると嘘がつけない、という設定もあるようで?)、実習プールでは「うっせーな」と発言したり、種市先輩とおそろいのミサンガを見られて「うるせぇデブだな」と思ったり。極めつけは、本気獲り前日に告白されたシーンの「何してくれてんのよ、ストーブ!!」というドスのきいた怒りっぷりでしょうか(笑)。「ブス」と書かれたネット掲示板を見せたヒビキさんにも喰ってかかっていましたね。

思い起こせばドラマ序盤。正宗さんが、アキと春子さんを迎えに北三陸にやってきた場面。そこで「素直ないい子って何だろうね?」という春子さんのセリフがありました。
自分の好きなこと、やりたいことに一直線で、時には頑固で、でも恋をして骨抜きになったり、かと思えば冷静な視点を持っていたり、怒りをあらわにしてみたり。はじめは母の後ろをひょこひょこと付いて歩くだけで、台詞もほとんど無かった主人公アキですが、北三陸に来てから次第に、自分のあらゆる側面を隠さず、臆さず、「素直」に生きてきているように見えるのです。

いろいろ書きましたが、こちらが勝手にそう思いたいように解釈しているだけの感想です。実際、どんなことを思って脚本が書かれているのかは神・宮藤官九郎のみぞ知る(笑)




▼「あまちゃん」ブログランキング▼
  にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ


ここから更にアイドルへ、成長していくアキちゃんが楽しみなのです♪
なんか、多分。ですが。

実際に田舎の観光に関する会議って、

K3NSP合同サミット、あれ結構リアルだと思います。

一応、みんな真剣に考えてはいるんだけど、

「何かやったところで本当に人が来るか分かんないし」

「そもそもこんな田舎だし」

「いま生きていけてるし」


で、会議もそこそこ盛り上がったりはするんだけど、

本当に、大吉さんみたいな人がいないと、

なんだかんだで実行しないまま終わってしまったり。


会議盛り上がる

ミスコンやるべ!ってなる

後日「あれどうなった?」

「なんか上の人が“人集まるわけねぇべ”で話終わったった」

「あ、んだっか」→終了、チーン。


ていう事例がリアルに思い浮かんだりするのです(笑)



それにしても。

大吉さんは相変わらず飛ばしてくれます。

「お前もろう人形にしてやろうか〜〜!」って、閣下!!

栗原さん(安藤玉恵)の「境港」発言も。

ゲゲゲだ(笑)

たしかに…境港っていう所には、朝ドラ効果で

観光客がいっぱい来ているというじゃないか…


と、岩手県の民(少なくとも私)は羨ましく思っています。





あらすじ(NHK公式)
第3週 4月15日(月)~4月20日(土)
「おら、友だちができた!」

(別ウィンドウが開きます)




▼ほかのブログも読んでみる?▼


北三陸(久慈)には、三船十段という素晴らしい有名人がいるよ!
昨日(第7回)のツボ。




選曲とか、大吉さん歌えてないじゃん!とか、

朝ドラっぽい笑いのネタに加えてコレww

ゴーストバスターズのカラオケ映像が


森の中で掃除機持って右往左往してる

青ツナギにリュックサックの日本人(T▽T)



しかもよく見たら、

真ん中の人だけ先端にノズル付いてて

「なんか強そう」的な演出だべこれwww



あたしカラオケでこれ流されたら腹筋崩壊します(‘ jj ’)/


ほかにも

「春子さんと夏ばっぱの距離が縮まった??」とか、

「え、菅原パソコンつかえねぇの!?」とか、

ちょwアキちゃんご飯食べたまま寝たwwとか、

いろいろ面白いシーンはあるのに…私、この3人に全部持っていかれました。



ちなみに本物はコレですね。



▼ほかのブログも読んでみる?▼


ごーすとばすたーーず!!
2006年に放送されたフジの月9「のだめカンタービレ」

いや、おたく「あまちゃん」ブログでしょw というツッコミは置いておき。


「のだめ」といえば、平均視聴率18.9%をとり、その後2本のスペシャルドラマ放送を経て、

2010年には映画版(前・後編)が公開され、クラシック音楽ブームを巻き起こした

上野樹里&玉木宏主演の人気ドラマです。


ミーハー気質なつもりは全くない管理人ですが、

「のだめ」にはどっぷりとハマりました。映画版公開時には、

前後編あわせて20回ほど劇場に足を運んだ記憶があります(笑)


で。

思ったんだけど、「のだめ」と「あまちゃん」は似てるんでねぇべか?(‘ jj ’)/


ピアニストを目指す「のだめ」と、海女からアイドルを目指す「あまちゃん」、

ともにヒロインの成長を見守る物語であり、

事あるごとに飛んだり跳ねたり(のだめ)海に飛び込んだり(あまちゃん)

ヒロインは「ぎゃぼ!(のだめ)」とか「じぇじぇ!(あまちゃん)」などの口癖があり、

千秋せんぱいの手料理(のだめ)や、北三陸のウニ(あまちゃん)などの

食べ物に釣られるところなどもそっくり。

のだめといえば「白目演技」で、上野樹里はもちろん、玉木宏から竹中直人まで、

みんな白目むきだしで演技しておりました(笑)

この記事によると、「あまちゃん」で今後アイドルを目指すアキは

歌う時に白目になる設定だそうで…w


ほら、共通点いっぱい!!じぇじぇじぇー!


「あまちゃん」どうりでハマるわけだわ、と自分自身で妙に納得。


それに、岩手が舞台の朝ドラといえば、「どんど晴れ」でのスペシャル版放送という

過去の実績がありますので!(地元が無理っくりNHKにお願いしたともっぱらの噂ですが)

これはもう、「のだめ」にあやかって映画化まで突き進むしかない!!笑


さて、今日からは第2週!

「おら、東京さ帰りたくねぇ」というタイトルで、今週も展開が楽しみです。

うん、帰らなくていいよ!!と早くも心の掛け声を送っております。


先週の第6話くらいでやっとこさ気付きましたが、

春子さんもアキも、苗字が「天野」ですよね。

もやしが落ちて離婚?? 詳しいストーリーが気になります~。



ついでに、こんな記事も面白かったのでリンクしておきます

朝ドラ『あまちゃん』 クドカンが不安と迷いを明かす
(ダ・ヴィンチ電子ナビ)







朝からカロリー過多でも問題ないよ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。