上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あまちゃん」第61話に登場したロケ地('jjj')/

海女cafe〈カフェ〉(漁協)※室内はおそらくセット。
家出をしたユイちゃん(橋本愛)とスカウトマン水口さん(松田龍平)が潜んでいたのが海女カフェでした、という前回の回想シーンからスタート。

大きな地図で見る

喫茶リアス・スナック梨明日※北三陸駅舎内にある設定。店はセット。
「国道45号線、封鎖だ!」大吉さん(杉本哲太)の無線はどこに繋がっているのかわかりませんが、レインボーブリッジを連想せずにはいられない前回の回想シーンです。踊る北三陸鉄道リアス線

大きな地図で見る

昭和8年津波記念碑付近(夏ばっぱの家)※家屋はセット。
袖が浜に鳴り響くサイレン。足立夫妻(平泉成、八木亜希子)と夏ばっぱ(宮本信子)、アキ(能年玲奈)が外に出てくるシーンです。これも前回の回想カット。

大きな地図で見る

ユイの家
※足立家の撮影地は不明です。家から最寄りの駅「畑野駅」は三陸鉄道「田野畑駅」がモデルのようです。地図は田野畑駅にプロット。
オーディションを受けに東京へ行くことを断念せざるを得なかったユイちゃん。水口さんとアキが訪ねてくるも、部屋から一歩も出てこないシーンです。

大きな地図で見る

久慈駅(北三陸駅)※駅舎の内部はセット。
東京へ帰る水口さんを、勉さん(塩見省三)が見送るシーン。琥珀も磨けば光る、お前の仕事も同じだろう。良いこと言いますが、ミズタクは電車の時間ばかり気にしてます。全く失礼なやつだな。

大きな地図で見る




ユイちゃんの上京大作戦、失敗…。

リアスの常連はじめ海女クラブの皆まで集まった海女カフェで、

ミズタクはスカウトマンであることを白状します。

「詳しく話を聞かせてもらおうか」という足立先生をさえぎった春子さん。

「聞かなくていいよ、どうせ観光協会のホームページ見て、

“普通にかわいい”から? 世間知らずの田舎もんだし、

ホイホイ乗っかってくる…ってそんな感じでしょ!?」

水口さん「そんな感じで全く弁解の余地もありません」ちょっとは反論しようよ。

「うちら田舎もんバカにしてんでしょ!?」キレキレです、春子さん。

どっちみちアキはアイドルに興味が無いので、ユイちゃんだけでも

GMT47のオーディションを受けさせようと思った、ということの顛末。

「アイドルの甲子園です」という説明も、夏ばっぱにはお手上げ(わがんね〜)

大吉さんたちも黙ってはいません。

「ユイちゃんは北三陸の救世主なんだ!廃線寸前のローカル線を復活させたんだ!」

「何が日本を元気に、だ!こちとら25年間ずーっと元気なかったんだぞ!」

「2人のおかげでやっと人並み、病み上がりだ!!」



白熱する言い争い。

「私の気持ちはどうでもいいんですか!」ユイちゃんついに切れる。

「東京に行きたいとか、アイドルになりたいっていう子どもの頃からの夢とか、聞いてもらえないんですか!?

そんなに町おこしが大事ですか!?


出て行くユイちゃん。

海女クラブも退散です。美寿々さんを気遣う夏ばっぱが男前カッコイイ♥。

去り際、春子さんに「カッコ良かったぞ、“うちら田舎の人間をバカにするな”、

おめぇがそう言うとは思わなかった」

春子さん「違うから!…えっと…」。。。


翌日の喫茶リアス。

吉田さんと菅原さんは「ハートフル、なんて聞いたこともねぇ、怪しい!」と噂話。

春子さんは「上野に自社ビルと劇場持ってるんだって」とちょっと詳しい様子。

全く晴れない表情の大吉さん。どうしたの?

「きのうのユイちゃんの言葉、胸に刺さったじゃ…

25年前に春ちゃんがこの町出てったときとダブったべ〜」


春子さんも「昔の自分を思い出して息が詰まった…」と遠い目。

町おこしに集中するあまり、17歳の少女の夢ば食いつぶそうとしてたのかもしんねぇな…

一度しかない青春だもんな…


どっぷり反省モードです。


そして水口さんは東京に帰ることになりました。

海女カフェに立ち寄るミズタク。美寿々に会わないのか?と言われ、

「くれぐれもよろしくお伝えください」とだけ言い残します。



駅には勉さんだけお見送りに来ていました。

ようやく謝る水口「ご迷惑おかけしてすみません」。

勉さんは琥珀のひとかけらを手渡します。

この期に及んで勉さん!あんたなんていい人なんだ!

だから騙されるんだよっ!!(T▽T)


「タクちゃん!」たくちゃん??美寿々さん登場。

手にはソエカギ(鎌みたいなやつ)。

にじり寄る美寿々さん…後ずさるタクちゃん。

おもむろにタクちゃんに抱きついた美寿々さん。

本当に好きだったのね…

「よし!吹っ切れた!!」

「若え頃ならこの勢いで駆け落ちもしたけど、もうそんなムダなことはしねぇ。

次だ、次。ありがとう、楽しかった!じゃあな!!」


小走りで待合室から去って行く美寿々さんの背中を見送り、

「…かっこいい」つぶやくタクちゃんなのでした。


水口さんが宮古行きの電車に乗って去った頃…

待合室のベンチには、勉さんがあげたはずの琥珀が。

「あのヤロー!!忘れて行きやがった!!」

忘れたのか、置いて行ったのか、不明ですが。


火曜日の第62話に続く('jjj')/







あらすじ(NHK公式)
第11週 6月10日(月)~6月15日(土)
「おら、アイドルになりてぇ!」

(別ウィンドウが開きます)


▼「あまちゃん」ブログランキング▼
  にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ


美寿々さんかっけーー!!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nhkamachan.blog.fc2.com/tb.php/117-ebd355dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。