上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまちゃんロケ地北三陸の旅

〈16〉 小袖海岸シャトルバス



2013年4月から10月末日まで、土・日・祝日は小袖海岸へのマイカー通行が規制されています。
マイカー利用の観光客用に臨時駐車場が用意されていますので、そこに車を置いて久慈駅などからシャトルバス(臨時路線バス)で行くことになります。
小袖海岸への詳しいアクセスについてはこちらの記事をどうぞ。

私は宿泊したホテルに車を置かせてもらえたので、そのまま久慈駅からバスで小袖海岸へ向かいました。
小袖シャトルバス
駅前デパートビルがすぐ目の前。久慈駅前ロータリーのバス停です。
30分に1本のバスを待つ観光客の行列ができています。

小袖シャトルバス 小袖シャトルバス 小袖シャトルバス 小袖シャトルバス
バスに乗ったら車内は満席!よくもここまでバスの座席の数に丁度良い観光客が並んだものだと妙に感心です(笑)久慈の銘菓「ぶすのこぶ」で有名な沢菊さんを横目に国道281号岩手銀行前を右に折れ、久慈病院などを経由し小袖方面へGO!
写真左から3枚目の通りは、北三陸秋まつりで山車が運行した場所のロケ地です。車内からですみません(^ ^;)
一番右の写真は帰りの車内なので海の方向が逆ですが、久慈駅から小袖に向かうときは海が見える左側の座席に座ることをおすすめします♪


小袖シャトルバス 小袖シャトルバス 小袖シャトルバス
海岸沿いに出ると、バスの車窓から荒々しく「かっけー」岩場が見えます。
第1話で、アキと春子さんが大吉さんの車に乗せられて袖が浜へ向かう途中、「これが北三陸の海だ」と教えられる場面さながらの景色です。場所も同じだしね。


小袖シャトルバス
バス車窓から見える、穴の開いた大岩。これは小袖海岸の景勝地「つりがね洞」です。
観光協会の壁に「ようこそ北三陸へ つりがね洞」というポスターが貼られていますし、今日(5/10)の放送では北三陸の名所ということで、岩手こっちゃこいテレビの池田さんの話にも出てきました。
北三陸の海は南三陸のリアス式海岸のような浸食による地形でとは違い、隆起によって造られた地形なのだそうです。地形に詳しいわけではありませんが、南三陸とはまた違った北三陸ならではの美しい風景、ということで眺めを楽しみながらバスに揺られます。


小袖シャトルバス 小袖シャトルバス 小袖シャトルバス
30分ほどバスに揺られると、見えてくるのが小さな漁村。
青い海、特徴的な夫婦岩に、堤防の先に立つ白い灯台…
いよいよ「あまちゃん」のメイン舞台、小袖漁港に到着です!!







▼ほかのブログも読んでみる?▼


初めて来るわけでもないのに、妙にテンションが上がってしまうあの感じは何でしょう('jjj')/
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nhkamachan.blog.fc2.com/tb.php/69-6b60d8c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。