上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまちゃんロケ地北三陸の旅

〈22〉 小袖海岸(津波記念碑)



夏ばっぱの家のロケ地である場所は、周辺が思いっきり普通の集落です。幸か不幸か、このブログで使っているGoogleマップ上では詳細な地図が出ないため地点プロットしていますが、現地に行くと分かりづらいようで分かりやすい場所にあったりします。

何が言いたいかというと、静かにマナーを守って見学しましょうね、ということです。
民家の敷地に勝手に入ると不法侵入になりますので気をつけましょう〜('jjj')/

小袖海岸6 小袖海岸6
現地へ向かう道中はこんな感じです。

小袖海岸6
昭和8年津波記念碑。
このブログでは「夏ばっぱの家」として、この地点を地図にプロットしています。夏ばっぱの家の前に、この記念碑があるという設定になっているようです。

小袖海岸6
第1回で春子さんに「海見に行っておいで」と言われたアキが、こんなアングルで記念碑の前を通っていくシーンがありました。「道分かんないし」とかぶつくさ言いながらも無事に海女センターまでたどり着ける場面ですが、実際に道を知らない人でも、恐らくここから海に降りようと思えば海女センターまでたどり着けると思います。

小袖海岸6
ちょうど白い軽ワゴンが停まっていました。大吉さんが乗っている北三陸鉄道のロゴマークが入った軽ワゴンもここに停められているシーンがいくつかあります。

小袖海岸6
上の写真を撮った場所からちょうど逆側に振り向いたアングルのカット。
5/11放送の第36回では夜のシーンでしたが、アキが家に戻ってくると正宗さんのタクシーが停まっているのを発見する場面では、この坂の上からアキが歩いてきていました。
第1回で大吉さんの車で夏ばっぱの家に向かうシーンなどでも、坂の上にある「防火水そう」の看板のところからこの道に向かって曲がるシーンが逆アングルから撮られています。
あとは、5/6放送の第31回でもこの道路がロケ地に。死んだと思っていた忠兵衛さんを電車で見かけたアキが、忠兵衛さんを尾行するのもこの道です('jjj')/

小袖海岸5
海の付近まで降りてきました。
白い大きいな建物が、漁協や海女クラブの外観を撮影しているロケ地になっています。手前の家の土台の部分には撮影時フェンスや看板が設置されていて、安部ちゃんがアキに「まめぶ食うか?」と声を掛けるシーンなども撮影されています。

小袖海岸6
建物に寄ってみました。ちょうどこの建物の裏に小径があって、監視小屋からの帰り道にそちらを通ってみました。

小袖海岸6
さて、そろそろ小袖海岸を後にします。
来るときにも撮影しましたが、「オタクの人たちが走って降りてくるシーン」の坂です。ここから走って降りてくる、ということは袖が浜の駅からのメインストリートという設定なのでしょうね。実際ここを上っても駅はありませんが(笑)

小袖海岸6 小袖海岸6
帰りのバスは、待機していた1台がすでに満員で立ち乗りしかできないということだったので、30分後の次発バスに乗ることに。バス乗り場周辺には本物の漁協&郵便局がありました。小さな商店の軒先には、乾電池を販売する自動販売機…??なにか漁具などに使われることが多いのでしょうか。

北三陸地方の観光キャッチコピーに「不思議の国の北リアス」というものがあります。
なんじゃそりゃ。と思いますが、乾電池の自販機があるあたり、
まさに不思議の国、かもしれません(笑)


▼ブログランキング応援おねがいします('jjj')/ ▼
  にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

次は少し移動して、陸中野田〜堀内駅に向かいました。
夏ばっぱの家の地図

大きな地図で見る

漁協・海女クラブの地図

大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nhkamachan.blog.fc2.com/tb.php/79-ad40002e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。